2005年11月29日

11月期CDレンタル覚え書き。

ヘイデン・クリステンセン!!
ミッドナイトシアターで「海辺の家」っていう映画をやってたんですが、ヘイデン・クリステンセンを目で追ってたら、最後まで観てしまいました。お陰で今日の睡眠時間3時間。
どこがどうだから、あんなに色っぽいんですかね。首筋のあたりがエロいです。黒髪仕様で顔が引き締まって見えるのもあるけど、なんていうか、艶かしい。クリティカルヒットです。
16歳の役だけど、2001年公開ってことは本人18〜20くらいで撮ったのかなぁ。
どっかで見た顔と思ってたら、アナキンだった。エピ2は金髪の変な短髪だったから、萌えなかったんですよ。エピソード2のキスシーンもエロかったですが、「海辺」のキスシーンも同じく。この人のキスがエロく見えるらしい…
作中ではその美麗な容姿から、ゲイ扱い。小遣い稼ぎにウリをやろうとして、未遂に終わり、自分を貶める行為に自己嫌悪してみたり。幼馴染のアリッサにシャワー室に乱入され、困ってたら「外に出てもいいのよ」とか言われてるし。でも元気になってるし。キスだけでぶちまけてるしで、いろいろウワーな感じでした。ぜんぶ中途半端だったけど。
このテの映画は要素と要素の折り合いも辻褄も合わせないで終わるみたいだ。

26日付け。
レンタル屋で、なぜか私の番で貸し出し明細を印刷するプリンターが壊れ、どっぷり待たされる。
帰って中身を確かめると、一枚借りたのとは別のCDが入っている。
柴咲コウ「グリッター」のはずが、ヒトトヨウの「かざぐるま」?
あの店員、間違えやがった
そこは、大手レンタル屋ではなく、空箱をレジに持って行き、店員が奥の棚から番号を頼りに探して持ってくるという原始的なスタイルをとっているのです。
もう何年も利用してますが、間違いがあったのは初めて。
複数の店員にムダに謝られ、いたたまれなくなりました。
私の日常なんか、だいたいこんなもの。
道をよく聞かれます。駅で何番線に乗れば良いか聞かれます。シネコンで映画館はどっちですかと聞かれます。おねえちゃん、この成分表示読んでくれんかと言われます。
返却時に返金してもらい、50円のチケットもらいました。一枚借りれる金額くれてもいいと思うんですけどね。

緋色の空/川田まみ
「灼眼のシャナ」のOP。アニメっぽくていいと思います。歌詞がアニメの内容に合わせてあるらしく、それらしい単語が多用されてます。トランス系の、プラスチックっぽい声が重なるといい感じになります。

夜明け生まれ来る少女/高橋洋子
こっちは「シャナ」のED。ものすっごい迫力と凄みです(笑) 久々に「魂のルフラン」の路線。こういう曲調にとても映える声だと思います。こっちがOPでもいいくらいで、カップリング曲もとてもいいのでそれがEDでも成立した気がします。

アムリタ ウンディーネ/牧野由依
この方、もしや本業は歌手だったんでしょうか。「ツバサ」のサクラ姫の演技はちょっとな〜でしたが、歌唱訓練を受けてる人の歌い方ですよね、これ。声優よりずっと表現力があると思って。
「you are my love」は「ツバサ」劇中でサクラが歌ってた曲? これも素敵だし、個人的には「ジャスミン」が一番好きだ。
「ウンディーネ」は「ARIA」のOPです。かわいらしいだけに終わらず、しっとりと控えめに響く声が耳に染み渡る感じがする、おもしろい歌い手さんだなーと。

rainbow/ROUND TABLE Feat. Nino
「ARIA」のED。あまいささやき系で、声がとてもかわいい。今まではポップ路線(しかもキュート)だったけど、今回は落ち着いてます。EDアニメとよく雰囲気があっています。あれがいいプロモーションかも。

Triangle/smap
イヤホンで集中して聞くと、歌唱力がきつい…
歌詞はやっぱり好きなんだけど。もともと、誰の歌声が好きなわけでもないですし。

蜜/柴咲コウ
1stアルバム。声が好きだから。歌手ではないけど、やっぱり味があっていいと思う。
本人の意向なのか、プロデューサーの意図なのか、歌詞に綺麗な日本語がいっぱい出てくるのもツボで、見習いたい次第です。「月のしずく」のカップリング曲が収録されてないのが残念だった。

supernova・カルマ/BUMP OF CHICKEN
「カルマ」は「テイルズオブジアビス」の主題歌です。
歌詞だけを読むとやっぱり痛い。なんとなく、Coccoの歌詞を読んで受けるショックに似てる。相手に対する思いが嘘だとか、自分のためだとか、手のひらを返して自傷するっていう世界観が…愛がエゴだと言ってる気がして鬱になるわけで。
言い得て妙みたいな歌詞も随所にあるんだけど、この人の書く詞の中の恋愛って男女なのかなー。存在とか居場所とかかけて奪い合ってる感じが、男男のそれのような気がしないでもない。
曲がつくと、いくらか痛みも薄れて聴こえます。曲調が明るめなので。
「supernova」は割と好き。
逃げ水でレイと別居中のシンの心境はこれに近いかもしれない、とちょっとだけ思って聞いてます。
posted by 百武晶 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

寝起キング。

そして今日もまたデスティニーのポージングに熱を入れる。アロンダイト両手持ちで構えさせて見た。羽根(ノーマル)を広げてバランスを取ると、よさげ。
だんだん、レジェンドと並べるしかないような気がしてきましたよ。
インジャスと対峙させてみたいしな。
インパルス対フリーダムもやってみたいなー。
セイバーは変形すんのかなー。
泥沼ってこういうことを言うんですよ。

ナイナイの番組でウエンツ君がまたぱんつ一丁のあられもねー姿をさらしてました。
しかも寝起きです。鼻をクワガタに挟まれてました。
あまりの痛さとショックのせいか、限界まで見開かれた目に涙が。
湖! 湖また出た!
正面からライトを受けた目の色が、なんとも言えん色彩を放ってましたよ。アホくさいことこの上ない場面なのに、見つめながら感動していた私です。いらない情報は排除です。妄想は得意です。
本当になにからなにまで、期待を裏切らない子です。
クワガタとの対決ってことで、画面が格闘技番組風のデザインになってまして、身長・体重が表示されてたんです。
「170センチ・55キロ」
この数値にピンと来た方。いや、ここに来てる方はピンとこないとダメだと思いますが。
ほぼ、レイシンと同体型ですよ。ちょっとねぇ。
そうか、妄想する際は、あれを思い浮かべれば間違いがないのかと。
妄想したろ? したさ!
ああ、アホくさすぎる…なんてアホくさいことを書いてるんだ。

ショック。
ここで取り上げてるRPGの発売日がどんどこ決定していってるんですが…
「バテンカイトス2」と「幻想水滸伝5」の発売日がバッティング!!
同日はやめれー! せめて一週ずらそうよ…
コ○ミは相手がGC用ソフトだから、敵と見なさなかったのでしょうか。
いいのか、いいのか取るに足らんとされて、ナ○コ!
どっちも買うんだろうけど、どっちからやろうか考えるなぁ…
ちなみに来年の2月23日発売予定です。

「幻水5」といえば…
個人のオリジナル小説サイトのキャラをまねたとかまねないとかで、のっけからイメージがよくないですけどね…
そういう姿勢でいいもの作れるんでしょうかねぇ。
posted by 百武晶 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。