2005年08月24日

シャドハF プレイ日記07(終)

やっと終わった。
このシリーズは既存の作品からの引用…リスペクトもしくはオマージュがネタとなって捧げられていることが多いが、今回は悪者二人組の名前の由来が「おかしなレディ・キラー」という古い映画だったり、アルカトラズにいた囚人四人組の名前が「特攻野郎Aチーム」のだったとか、マニアックすぎて凡人は気付けもしない仕上がり。
そこ以外は、もうフツーのRPGでした。
フツーの。
主人公のキャラって大事だ。改めて勉強した次第。続きを読む
posted by 百武晶 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

シャドハF プレイ日記06

世間の方はやはり「テイルズ」シリーズがお好きなのですね。俄然注目度は高いんですね。あれだけシリーズを重ねながら、毎回コンスタントに本数を売り上げるんだもんなーやっぱ人気なんだ。しみじみ。
そんで、私はツタヤへCDレンタルに行くついでに、「レジェンディア」をうっかり予約して来てしまいましたとさ。…ばか? ばかなの、あたし? いつやるんだよ、一ヶ月後か? いや…なんつーの、主人公の声を「シンだと思って耳を澄ませ」っていう自己暗示にかかったんですよ。
てのは半分は嘘ですが。サントラはどっちみち買いたいので。
ゲームのサントラを聞くならば、本編を一通りプレイした上で、耳を慣らし、世界観を知っておいた方がより良いから、っていうのが大きいです。思い入れが大事ですから。(思い入れできるかどうかは不明ですが)続きを読む
posted by 百武晶 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

シャドハF プレイ日記05

ヒルダが話の本筋にもイベントにも絡んでこないーーー。
つまんないーーーーー。
2が懐かしいな〜
ウルがいて、蔵人がいてさ。楽しかった思い出ばかりが…続きを読む
posted by 百武晶 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

シャドハF プレイ日記04

RPGのプレイ日記って思ってたよりムツカシイです。
ストーリーのあらすじをまとめるだけになってはいけないと思いつつ、じゃあどう書けばいいのよ? と自問自答。特に、ストーリーやイベントについて何も感じないことが続くとツライです。細かくメモるわ、まとめるわでストーリーが今までになく頭に入るって点はいいんですが。

何となく、物語の核心部分が見え始め、一人の女の復讐物語で小さくまとまる気がしてきた第4回。
戦闘がねー、長引くのがとってもイヤです。結局どう組み立てれば有効なのかわからない。直感でうまくやれないのって面白くないです。なんで前作にも増して、こんな複雑なシステムにしちゃったんだろうか。
グランディア3の初回特典に付いてたスペシャルサントラを聴いて、初代OP曲が懐かしすぎて空を飛びたくなってるのは内緒ですよ…続きを読む
posted by 百武晶 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

シャドハF プレイ日記03

キタ、キタ、キター! って、存外ヒット飛ばしちゃった某邦画宣伝に使われてるあの顔文字を打ち込みたい所です。そんなスキルも性質もないんでやりませんが。
たぶん、このゲームで最後まで私の心の拠り所となるであろうヒルダと遭遇し(だって美形少年いないんだもん)、ウッキウキのロズウェル編+αです。どぞ。続きを読む
posted by 百武晶 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

シャドハF プレイ日記02

考え直したんですけど。
自分に置き換えて考えてみますと、ゲームのプレイ日記って、自分がプレイしていないタイトルのはフツー読みませんよね? 読んでも面白くなかったような気がする…
あのイベントについて、他人はどう思ったのか感じたのかを知りたいと思って読むんでしたよ、少なくとも私は。
だから、いっそプレイしているorプレイし終わった人へ向けて、ばっさり端折って書いていくことにしましたよ。ええ。

ジョニー坊やのアホ毛についておもしろくもおかしくも妄想できず、私は彼に興味が持てません。なんていうか、気分がなえーっとしたままプレイしております。
ピンクのコウモリが出てくるまで、きっとこのテンション低下現象は続きますね…
フランクが前面に出てこないと、シャナイアもナタンも空気みたいで、場がすごい冷たくて、すっごい淋しいんですよ。
それでも黙々とスナップを撮り、ジャッジメントリングを回す私です…続きを読む
posted by 百武晶 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

シャドハFプレイ日記01

えーと、とりあえず基本、ネタバレをためらわないつもりです。
イベントやキャラについて突っ込みまくりたいので。
プレイする予定のない人にも何とな〜くはわかる程度に、詳しく書いて行こうか…な…

全編に渡って、「ウルならこうなのに!」とウルと比較しながら、ジョニー坊やをいぢめていこうと思います。嘘です。続きを読む
posted by 百武晶 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

SHADOW HEAETS -FROM THE NEW WOLD-

前作「シャドウハーツ2」の発売からわずか一年半。開発期間が短いのが心配ですが、はりきってプレイする前に、どこに着目するのかまとめておきます。

愛と笑いと涙のRPG・シャドウハーツシリーズ。我も個性も激強の最強主人公、ウルの魅力がそのすべてであったといっても過言ではなかったんですが、今回、主人公を思い切って変えちゃったようです。
いつまでもウルにおんぶに抱っこじゃ、いけないだろうけど、これが果たして吉と出るか凶と出るか…?

1.ウルが出るのか出ないのか。
2.ヴァレンティーナ三兄弟・末妹のキャラっぷり。
3.第2回漢祭りの開催はあるのか。

まず1ですが。笑わせてくれて、泣かせてくれて、ウルはもうラブすぎてしょうがない愛すべきバカでしたから、今作にも出てきてほしいなとは思います。
が、折角タイトルを「3」としないで新しくしたからには、ウルとは決別しないと意味がないなとも。新主人公のジョニーは物凄いフツーな子なので、ウルが出た瞬間に消し飛んでしまうことうけあいです。存在を匂わせる程度とかならオッケーかなぁ。
でもね? もし登場したとしたら、前作のバッドエンドを継承したことになり、14年の時の流れがウルを41歳のおっさんにしてることになりますね。うわあ、イヤだ。おっさんになったウルなんか見たくないや!
やっぱり、ここは前作のハッピーエンドを継承してもらって、ウルはタリスマンの呪縛から解放され、過去の平行世界でアリスと幸せに暮らしていることにしよう。

2は、シリーズものならではのお楽しみですね。デザイン的にはヒロインよりずっとカワイイですけどね、きっとアレですよ。なんたって変態仮…グランパピヨンの妹ですから。

3は…世にも恐ろしい儀式。スタッフ陣のシャレ根性と茶目っ気に賭けます。ダメかなあ。今度こそ審査に引っかかったかもなあ。

大好きなプレイ日記サイトさんに倣い、愛を込めて、ウルを「愛すべきバカ」と。ジョニーのはねっ毛を「アホ毛」と呼ばせて頂きます。
プレイ日記なんて書いた経験がないので、もろに手探りですが、ぼちぼちやっていきます。…なるべく最後までがんばります。なるべく。
posted by 百武晶 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シャドハF プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。